Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
おでかけ

亀岡の出雲大神宮が京都一のパワースポットとされているその魅力を体感!

社殿

知る人ぞ知る京都一のパワースポットともいわれる亀岡市にある出雲大神宮に行ってきました。ぺきん(@pekinchan24)です。

出雲といえば全国的にも有名な島根県の出雲大社を思い浮かべる方も多いかもしれません。

今回紹介する出雲大神宮と島根県の出雲大社は名前は似ていますが別物なんです。

また、京都には数多くの寺社があるにも関わらず、京都一のパワースポットともいわれているその魅力を探ってきました。

亀岡の出雲大神宮について

御祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)と美穂津姫命(みほつひめのみこと)です。

出雲大神宮は丹波國一之宮で、「丹波で一番格式が高い神社」という意味だそう。京都一のパワースポットともいわれるだけあって、やはり凄い神社なんですね…!

その歴史も大変古く、初めて社殿を造られたのは元明天皇和銅二年(709年)で、現社殿は鎌倉時代末期の建立だそう。

社殿はきっと改修工事もされているでしょうが、とても立派で鎌倉時代から立っているとは思えないくらいです。

鎌倉時代の有名な随筆『徒然草』にも登場しています。

私も知ってるくらい有名な話です。

学生の頃、古典の授業で習った方も多いのではないでしょうか?

徒然草に書かれている内容は、出雲大神宮に行ったら狛犬が変な向きに置いてあって、格式が高い神社はやっぱ違うなー!と思ってたら実はそれはこどものいたずらだったというお話。

ちなみにこの話で登場する狛犬と現在の狛犬は違います。

子どもが動かせるくらいだし、今の石の狛犬とはそりゃ違いますよね~。

島根県の出雲大社は明治時代までは「杵築大社」と呼ばれていたため、それまで出雲といえば出雲大神宮を指していたようです。

そのため出雲大神宮は「元出雲」とも呼ばれています。

なんだかややこしいですが、やっぱり出雲大社とは違うんですね。

[the_ad id=”255″]

本殿参拝の前に黒太夫社へ

黒太夫社

神社の鳥居をくぐったら、参拝する前に手水舎で口や手を清めます。

その次は西門入り口の近くの黒太夫社へ参拝します。

駐車場を過ぎ西門を出て、車道沿いにあるので正門からいくとちょっとわかりにくいかもしれません。

黒太夫社はこの地の氏子・祖先神を祀るとされています。

本殿の参拝の前に「黒太夫社」に参拝するのが正しい順番だそうです。

正しい順番の参拝だと御利益もさらに期待できそうですね。

長寿の水!?真名井の水

真名井の水

境内では、出雲大神宮のご神水である真名井の水を持ち帰っている人も見かけました。

実はこの真名井の水には健康に良いとされる成分が入っているそうで、下記のように紹介されていました。

出雲大神宮本殿の裏手にあるご神体山(御陰山)から湧出するご神水・真名井の水は、金・銀・珪石・アルカリ・カルシウムと含有成分も多く、昔から延命長寿水として飲み水はもとより、お茶やコーヒー・紅茶、酒造りにも利用されてきた。               京都府観光ガイドより引用

延命長寿水!!凄い長生きできそうなネーミング!

真名井の水がどんな味なのか気になったので私も持ち帰り、煮沸してから飲んでみました。

飲用する場合は煮沸してから飲んでくださいね~!

気になる味は…まろやかな感じがして飲みやすかったです。

来られるときは是非、空のペットボトルを持参して真名井の水を持って帰ってみるのもおすすめですよ。

身体の中から清められるかも!?

出雲大神宮で神様を感じる!パワースポットの磐座

磐座

神社の裏にある御影山が御神体で、この山自体がパワースポットだそうです。

パワースポットとも言われている本殿の裏の磐座には手続きも必要なく行けるのですが、さらに上にあるもう一か所の磐座にお詣りに行くには、社務所での入山許可が必要です。

社務所で名前などを記入して、たすきをもらい肩にかけて登っていきます。

たすきをかけると神聖な場所にお邪魔しますという気持ちになるので不思議です。

磐座の近くに着くと本当にそこに神様がいるかのような気がして緊張してしまいました。

スピリチュアルカウンセラーの江原さんや風水師のDr.コパさんが「京都一のパワースポット」として紹介したのもとても納得。

山に入ると自然の音に包まれてとても癒されます。

山中には古墳もあり、社殿のないそんな昔から信仰されてきた場所だったのかななんて思いを馳せたりできますよ。

出雲大神宮の縁結び祈願

夫婦岩

出雲大神宮といえば縁結びで有名です。

御祭神が夫婦ということもあり、縁結びパワーが期待できますよね。

そして境内には御祭神を象徴するかのような立派な夫婦岩があるんです!

縁結び守りについている赤い紐を夫婦岩に結んでお祈りすると御利益があるとか。

落ち葉のハート

毎月第4日曜日の午後2時より縁結びの御祈祷を受けることができる「えんむすびまつり」も開催されています。

参加希望の方は出雲大神宮の社務所まで直接お問い合わせください。

日本一の縁結びともいわれる出雲大神宮で良縁を祈願してもらいたい方は是非参加してみてくださいね!

[the_ad id=”255″]

亀岡「出雲大神宮」基本情報

住所

京都府亀岡市千歳町出雲無番地

電話番号 0771‐24‐7799

アクセス

電車で

JR嵯峨野線「亀岡」駅北口から亀岡市ふるさとバスに乗り「出雲神社前」下車、またはJR嵯峨野線「千代川」駅から亀岡市ふるさとバスに乗り「出雲」下車。

バスの本数が少ないので帰りのバスの時間も要確認です!

車で

京都縦貫道「亀岡」ICから車で約15分。境内のすぐそばに5台くらい車を停められるスペースがあります。

さいごに

出雲大神宮は恋人だけでなく友人関係や仕事、家族等すべてのご縁を大切に結びたいという方におすすめです。

神社の境内はとてもきれいに管理されていて、参拝していると心が洗われるようなそんな清々しい気持ちになります。

立派な社殿はもちろん、撫でウサギ、夫婦岩、磐座など見所たくさん。

自然がいっぱいで新緑や紅葉の季節には散策しながらとてもきれいな景色も楽しめます。

参考:出雲大神宮公式HP

こちらの記事もおすすめ!