Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
目もと

【30代のメイク】アイラインで自然に目ヂカラアップ!アイラインのひき方のコツは?

アイラインひき方

30代になってもアイラインはメイクに欠かせないと思っているぺきんです、こんにちは!

  • 「アイラインが上手くひけない」
  • 「アイラインは上手くひけないからひいてない」

とお悩みの方は多いですよね。

あなたが「目力を出したい」「目を大きく見せたい」と考えているなら、

アイラインをひかないのはもったいない!!

少しのコツでアイラインは簡単にひけちゃいます。

自分の目の形に合ったアイラインをプラスするだけで目力アップ!

魅力的な目元になれちゃうんです。

元美容部員のぺきんが30代におすすめなアイラインのひき方を伝授しちゃいます!!

30代からのメイクにアイラインをおすすめする理由

30代メイクにアイラインをすすめするのは、目元が引き締まって見えるからです。

10~20代の時と違い30代はまぶたのたるみを感じたり、目が小さく見えたりすることも・・。

ぺきん
ぺきん
30代になって20代と同じようなアイメイクをしていると、なんか不自然に見えちゃうんですよね~

だからといってアイラインをひかないと目元の印象がぼやけてしまったり、なんだか寂しい印象になったりしませんか?

アイラインをひくと目元が引き締まり、目を大きく見せてくれて目力アップにもつながりますよ!

アイライナーの種類

ペンシルタイプ

ペンシルタイプは、目元をナチュラルに大きく見せてくれます。

失敗してもぼかしてごまかせるため、初心者やアイライナーに苦手意識がある方におすすめです。

ぺきん
ぺきん
発色が優しいので、優しい印象に♪
重ね塗りで印象も変えれます!

汗や皮脂には弱め。

リキッドタイプ

リキッドアイライナー

リキッドタイプは、目元をはっきりと大きく見せてくれます。

太く・細くを調整しやすいのが特徴。

ただ、上手に描けないとガタガタのラインが目立ってしまったり、

失敗すると目立つのでアイライナーが難しいと考える方も多いのもこのリキッドタイプ。

ペンシルよりもリキッドの方が目力はでますが、人によってはきつい印象になるという方も。

汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプが多いです。

ジェルタイプ

ジェルアイライナー

リキッドの目をはっきり見せてくれる効果とペンシルの優しく見せてくれるところを合わせ持ったジェルアイライナー。

柔らかく描きやすいので初心者にもおすすめです。

濃さを調整しやすいのが特徴

私がとくに30代におすすめしたいのがこのジェルタイプのアイライナー!

スルスルと柔らかく軽い力で描けるのでカンタンにまつげの間を埋めれるんです!

それでいて、印象的な目元に仕上げてくれるんですよね。

リキッドタイプと同様汗や皮脂崩れに強いです。

ぺきん
ぺきん
アイライナーはなりたい印象に合わせて選ぶのもポイント♪

アイラインメイクのひき方のポイント

「アイラインが苦手」「難しい」と感じている方は以下の方法を参考にしてみてください。

アイライン5つのポイント

1.鏡は斜め下に見えるように

2.手を安定させる

3.まぶたをあげてまつ毛の間を点々と描く

4.最初は目の中央から外側に描いていく

5.少しだけはみ出して描く

1.鏡は斜め下に見えるように

アイラインを描く時は真正面ではなく、斜め下に鏡が見える状態がベストです。

2.手を安定させる

アイラインをひくときに安定していないとガタガタなラインになるので(特にリキッドアイライナー)、

難しいと感じる人は手を頬あたりに置き固定しながら描いていきましょう!

3.まぶたを引き上げながら描く

まぶたを少し引き上げながら描いていきます。

目のキワに描きやすいことやまっすぐぶれずに描きやすいという利点があります。

4.目の中央から外側へ点々と書いていく

アイラインはまつ毛の根本を埋めるようにして目の外側半分から描いていくほうがキレイに描きやすいです。

ペンシルやジェルタイプなら点々とまつ毛の間を埋めるように描いていき、あとから綿棒でぼかすという方法も!

ぺきん
ぺきん
失敗してもこのやり方ならごまかせますよー!

5.少しはみ出して描く

お好みで、目尻よりも3㎜~5㎜ほど長くひきます。

実際の目より少しはみ出してアイラインを引くことで、横幅を大きく見せる効果があります。

長くひきすぎるのには注意が必要です!

30代のアイメイクはあくまで自然に目を大きく見せるのがポイント。

違和感なく自然に目を大きく見せるには、長くひくのは3㎜~5㎜の長さに抑えるのが良いでしょう。

目の形を生かしたアイラインを描くポイント

一重まぶた

一重まぶたの方は、アイラインを太く描かないとまぶたに埋もれてしまうため、

見えるまで描いてしまうとアイラインがかなり太くなってしまいます。

一重まぶたさんのアイラインのポイントは目尻!

目尻を太めに、そして少し斜め上にはねるようにして描いてあげるのがポイントです。

奥二重

奥二重の方の場合、アイラインを太くひくとまぶたに隠れて見えなくなるので、

できるだけアイラインは細くひくのがポイント。

目尻を下げるように描くと優しい印象の目元に。

二重

二重の幅を生かすには、アイラインは細めに。

太くひきすぎるときつい印象になりかねません。

アイラインが必要ないという方もいるかもしれませんが、

そんな方にはペンシルタイプのブラウン系のアイライナーをおすすめします。

ぺきん
ぺきん
30代からのアイラインははどのタイプも細めで自然に描くのが基本ですね♪

30代からはアイラインで自然に目力アップを目指そう

目元のたるみや目の下のしわなど悩みも多くなってくるのが30代。

アイラインには目元を引き締める効果があるので、「顔がぼんやりしている」「目力をアップさせたい」という方はアイラインの種類を変えてみるのもひとつの手です。

アイライナーにはペンシル・リキッド・ジェルタイプと種類がありますが、なりたい印象によって選ぶのがポイント。

私が30代に特におすすめしたいのがジェルタイプのアイライナーです!

プチプラでもいいものがたくさん出ているので是非チェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!